コンドウノブログ

エコハちゃんがピカチュウのパクリではないかと話題に

山口県宇部市のエコキャラクター「エコハちゃん」が人気アニメ
「ポケットモンスター」の登場キャラ「ピカチュウ」にそっくりだと指摘され、
ニュースなどで話題になっています。

エコハちゃんとは、宇部市の資源リサイクル業者の団体がイラストを考案し、
2010年10月31日に市の環境イベント「エコフェア2010 in UBE」で
着ぐるみとして初登場したキャラクターだ。

ピカチュウとは体の色が違うものの、まん丸の目玉や頬、W字型の口など、
顔のパーツがたしかに似ているようにも見える。

宇部市の担当者によると、着ぐるみはエコハちゃんのイラストを元に業者が制作したもので、
「市が発注したわけではなく、民間から寄付してもらったもの」。
10年10月のイベントで初登場した時点から、いくつか似ているとの指摘があったというが、
「着ぐるみは胴体のバランスなど、オリジナルのイラストとかなり違う部分があり、
それらが原因で似ているように見える可能性がある。オリジナルのイラストについては
似ていないので問題ないと考えている」とのこと。チラシなどに使われるのはイラストのみだという。

推測ですが、広告などの知識の無い宇部市の担当者さんが
どんな着ぐるみがあるかピックアップしたものの中にピカチュウがあって、
ピカチュウみたいにしようよと盛り上がっていく中で完成したのではないかなあと思いますが、

オリジナルキャラクターの立案から、デザイン起こし、着ぐるみを制作してという
行程だけで100万くらいかかってるんじゃないかなあと思うので、
こういうニュースを見ると自分も改めて気をつけようと身が引き締まりますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)