コンドウノブログ

イタリア旅行記[バチカン市国編]

 

バチカン市国はイタリアの首都ローマの中にある
東京ディズニーランドよりも面積が小さな世界最小の独立国家です。
イエス・キリストの弟子であるペトロのお墓の上に
「サン・ピエトロ大聖堂」を建てたのが始まりだそう。

 

 

バチカン市国へ入国する前に昼食を済ませましたが
ここで念願の本場イタリアのピザを食べることができました。

 

バチカン市国へ到着し、ガイドさんから入国する前に注意がありました。
ここはイタリアの法律が一切通用しない場所なので気をつけてくださいと
言われ少し緊張がはしります。

バチカン博物館

歴代ローマ法皇の収集品を収蔵展示する世界最大の博物館。

 

システィーナ礼拝堂

ここからは撮影は禁止のエリアでした。
システィーナ礼拝堂は全カトリック協会の最高司祭ローマ教皇を
選出するコンクラーヴェが行われる神聖な場所だとのこと

 

サン・ピエトロ大聖堂

キリスト教の最大宗派であるカトリックの総本山で、
世界中から信者が参拝に訪れる地です。
神聖な場所ということで、露出が多い服装・帽子着用・三脚・飲食・喫煙・携帯通話・ペット同伴・大型荷物の持ち込みは禁止されています。

 

サン・ピエトロ大聖堂に入ってすぐの右手にルネサンス時代の
シンボル的作品、ミケランジェロの「ピエタ」が置かれています。

ピエタはミケランジェロが22才から24才の若き時代に制作し
2年をかけて完成した作品です。

 

スイス傭兵

110名で構成され、イケメン集団で有名だというスイス傭兵。
女の人から黄色い声援が飛んでいました。
たしかにイケメンでした。
スイス傭兵になるには以下のような採用基準があります。

・カトリックのスイス市民であること
・身長174cm以上であること
・19歳から30歳までであること
・スポーツ能力と人品が良好であること
・独身であること
・スイスの大学入学資格を有しているか、
職業訓練及び兵役を終えていること

 

夕食も本場のパスタを食べることができました。
カルボナーラとても美味しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)