タイガーマスク現象に学ぶ新たなマーケティング法

「タイガーマスク」こと伊達直人を名乗る人物から群馬県と神奈川県の
児童相談所にランドセルが贈られるというニュースが流れました。

今回のニュースを皮切りに、全国の児童養護施設などに続々と
ランドセルや文具、現金が贈られる「タイガーマスク現象」が話題になっています。

アニメの中の架空のヒーローが現実の世界に現れて、
アニメと同じように子供達を喜ばせていてなんかワクワクしてしまうニュースですが、

昨年SANKYOからタイガーマスクのパチンコ台が発売されたくさんの
ホールで稼働していますが、もしかしたらパチンコ関係者が狙った
マーケティング戦略だったとしたら?とふと考えてしまったのですが
それだと夢が無くなっちゃいますかね?

ですが連日の「タイガーマスクからプレゼントが届く」の報道を広告価値に
換算したらとんでもない金額になりますよね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)