コンドウノブログ

デザインの敗北といわれる佐藤可士和さんのセブンカフェについて

コンビニ大手のセブンイレブンが2013年1月から展開した「セブンカフェ」
コンビニのカウンターへコーヒーマシンを設置し、お客さんがカップを購入することで、
セルフでドリップしたてのコーヒーを楽しむことができるようになりました。

セブンカフェのコーヒーマシンやカップをデザインしたのは
クリエイティブディレクター/アートディレクターの佐藤可士和さん(左)↓

1965年東京生。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒
株式会社博報堂を経て2000年に独立。同年クリエイティブスタジオ
「SAMURAI」の代表を務める。

 

しかし、操作が分かりにくいからとテプラシールを貼られまくる。

洗練されたデザインが仇になってしまったのか、おしゃれなデザインだが
分かりにくいからと店舗ごとにコーヒーマシンにテプラシールが貼られまくったことで、
デザインの完全敗北と呼ばれるようになった。

 

この件に対して様々な著名人が以下のような感想を述べた↓

様々な意見があるが、ここから個人的な感想です。

たしかに日本人にとって英語表記の、LARGEの「L」、REGULARの「R」だけでは
理解しにくかったかもしれない。
だけど僕が考えるデザインというのは、単に見た目だけのことではなくて
人の行動を変化させることの方がデザインの大きな力だと考えています。

これまでコンビニで珈琲が飲みたいと思ったら、
缶コーヒーを買って飲むという選択肢しか無かったスタイル自体を、
お客がカップを持って自分でドリップしたての珈琲を飲むようになった。
そして今やそれが缶コーヒーの売り上げを脅かす、メジャーな珈琲の
楽しみ方になっている。ということが素晴らしい“デザイン”なのだと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)