コンドウノブログ

エイチームがダメな理由

前回のブログで、不採用となったエイチームに対して
不満をもらしましたが、ただ文句を言うだけでは
申し訳ないので個人的にエイチームはどういう部分が
ダメなのか個人的に思った部分を伝えたいと思います。

まずひとつめはやっぱり私を採用しないとこ!!
これはこれから何度も言っていきたいと思います。

エイチーム からお祈りメールが届く↓(過去記事)
https://6knd.com/blog/archives/315

 

、、、というのは冗談として、僕がエイチーム の
会社見学へ参加したときに感じたことを話します。

エイチームは「エンターテイメント事業」を主軸に経営をしています。
主にゲームアプリを開発したりする部門ですね。

会社見学したときに人事の女性もこんなことを言っていました。

「エイチームではゲームアプリをつくっていますが、これまで
パズドラやモンストのように大ヒットしたと呼べるアプリはまだありません
いつか大ヒットするようなゲームをつくることに力を入れています」

たしかにパズドラやモンストのように絶頂期にひと月で100億も
売り上げるような大ヒットタイトルをつくることができれば、
会社や社員はみんな潤うし、自社ビルだってなんだって建てれるし、
株価も何倍にもアップするでしょうし宝探しのような夢がある話ですよね。

単純に僕がそこで思ったのは、正直エイチームならできると思いました。
それは、パズドラやモンストほどではないですがこれまでにも
多くのゲームを開発しており、質の良いアプリをつくることのできる
環境とサービスを提供するノウハウがあるからです。
僕がエイチームに魅力を感じているところもまさにそこでした、

見学会では実際に働かれている社員の方と話せる時間があったのですが、
みんな頭良さそうで開発サイドの話は全然ついていけないんですが
ほとんどの社員の方が僕にする質問に、

「あなたはゲームは好きですか?」
「最近遊んでいるゲームアプリは何ですか?」という質問がありました。

僕は見学会へ参加するということもあり事前にエイチームが提供する
アプリを実際にダウンロードプレイしてから参加していたのですが
そこで言いたかったのは

「あなたこそゲームは好きですか?」
「あなたこそ自分が開発しているゲーム遊んでますか?」ってことでした。

僕が事前にダウンロードしてプレイしたアプリは
エイチームとしてはヒット作のヴァルキリーコネクトと

放課後ガールズトライブというタイトルをやりましたが、

どちらもクッソつまらないんです。

ゲーム開発陣がどう思っているのかは知りませんが
一つ目に言いたいのは、どちらのゲームもですが
“戦闘のオートプレイが可能”ということ。

これについては一概にオートプレイがダメな訳ではなく、
ゲーム性が面白ければ戦闘を自分で操作して
遊びたくなるはずですが、戦闘がつまらないので
オートプレイに頼るという流れです。
オートプレイをすることで戦闘が終わるまでユーザーは
その間に飲み物を取りにいったりご飯を食べたりと
ゲームと違うアクションを行うようになります。(体験談)

他ごとが終わると携帯画面を見て、ああ戦闘終わったな と
また次の戦闘へと操作する訳ですがここでひとつ!

これのどこがおもしろいの?????

二つ目に言いたいことは、
“キャラクターが魅力的じゃない”ということ。
いや、イラスト自体はクオリティ高いし上手だと思うし
キャラデザが大塚真一郎さんだったりとそういう部分に力を
入れてるのはわかるんだけど、そういうことじゃなくて。

放課後ガールズトライブを例に挙げると、
主人公だし可愛いから“神崎咲夜”はみんな使うと思うんだけど

他のメンバーを選ぶ時に、例えば和泉莉穂を選んだ場合、
神崎咲夜とどういう関係なの?小さい頃からの幼馴染なの?
いつも一緒に学園生活を過ごしていたコンビのような存在なの?
何故一緒に戦ってくれるのか?なぜ武器が二丁拳銃なの?

土御門冬芽を選んだとしたら和泉莉穂との関係はどうなの?とか
神崎咲夜以外の女の子どうしの友情とかそのへんの関係性が薄いから
見た目で気に入った女の子か強い女の子を選ぶ。正直誰でもいい。

それと、キャラクターを強くする為に、
レアコスチュームをGETするガチャを回す。

これがまた良くなくて、初期の制服を着た星1の神崎咲夜を
パワーアップする為に星3のスクール水着を着た神崎咲夜にすると、
星1の神崎咲夜はもう使う必要が無くなる。

もう少し説明すると、
星1だった神崎咲夜を着替えさせて強くするという感覚ではなくて、
スクール水着を着た元々強い星3の神崎咲夜にすげ替えるようなイメージだ。
このシステムのおかげで愛着が更に湧かなくなる。

三つ目はせっかくイラストが可愛いのに戦闘などの要所が3Dであること。
しかも3Dのクオリティがあまり良く無いので戦闘シーンに迫力もなく
技がカッコ良いわけでもなくてただ残念。

四つ目は敵が気持ち悪い
アニメがヒットしたまどマギのような世界観にしたかったのか、
不思議な世界で可愛らしくもグロテスクな相手を敵にしました的なコンセプト
なのかわからんが、ハエみたいなやつが出てきて3Dで手を擦ってるだけで身震いした。
よって、最初にあげたオートプレイを利用する機会が加速した。

その他にもいろいろ問題があるが省略しますが、
実際にプレイしている人の評価はどうなのか調べてみると、

「オートプレイで簡単に遊べた!」
「リセマラがしやすかった!」という感想ばっかり。

ゲームの内容を評価してるレビューが全然無いじゃん。
そもそもリセマラがしやすいって、その目的は

「300万ダウンロード突破!」とか
「1000万ダウンロード達成!」とか

ただ、ユーザー数が多いようにみせかけたいのと
ダウンロード達成イベントをしやすくしてるだけなんじゃない?て
思っちゃうんですよね。
だって昔はパズドラやってるか人に聞いたらみんなやってるのに
ヴァルキリーコネクトって1500万ダウンロードされてるのに
周りでやってる人に会ったことないんですよ。これおかしいよね。

 

最後にエイチームさんにもう一度質問させてほしいですが、

「あなたはゲームは好きなんですか?」
「自分がつくったゲーム遊んでます?」

そういうとこやぞ!!エイチーム!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)