ファンが激減してしまった平野綾さん。現在は?

平野綾さんの知名度があがったきっかけといえばやはり「涼宮ハルヒの憂鬱」。
2006年当時の社会現象クラスの大ヒット作となった人気アニメのメインヒロイン、
「涼宮ハルヒ」役を演じたことで世間に一気に知られるようになりました。

さらにはそのルックスも、黒髪ロング、清楚でアイドルに勝るとも劣らず可愛らしく、
アニメオタクを中心に多くのファンから支持を得ます。

 

一躍トップアイドル声優へ

涼宮ハルヒの劇中歌「涼宮ハルヒの詰合」はオリコン週間シングルチャート5位を
記録するなどこちらも大ヒット!様々な音楽番組に出演し一躍ときの人となっていきます。

同年には『DEATH NOTE』や『NANA』などのヒット作にも出演。翌年には、
『らき☆すた』の泉こなた役という、もう1つの代表作にも恵まれ、その活躍は
アニメ業界で広く認められ「第1回声優アワード」新人女優賞にも輝くなど
一躍トップアイドル声優の地位を築き上げてゆく。

 

さらにはフジテレビ系列で2010年10月から始まったバラエティ番組
「ピカルの定理」のメンバーにも大抜擢!

 

声優に歌手、アイドル、タレントとまさに人気絶頂の黄金時代でしたが、
この頃からどんどん自由な発言をするようになり、ファンと衝突したり
「勘違い発言?」や「天狗?」ととられかねない発言が物議を醸すようになっていきます。

 

 

グータンヌーボ事件

事の発端となったのは、2010年に放送された『グータンヌーボ』。
そこで平野は過去の恋愛について赤裸々に語り、アイドル声優としての
幻想を抱いていたファンから反感を買ってしまい漫画にも描かれることに。

 

ライフライン事件

グータンヌーボ事件から、平野のもとには数多くの批判が寄せられることに。
そこで平野は自身のブログで、
《ツイッターで死ねとか嫌いになったとか書くのやめて。せっかくみんなとのライフラインができたのに》と
訴えた。しかし、このライフラインという言葉が火に油を注ぐ結果となった。

平野は「ファンとの繋がりが生活に不可欠である」という意図で、
ライフラインという言葉を使ったのだろう。しかし炎上に加担したネットユーザーは、
「ファンのことを金ヅルである」と解釈し、
平野信者のことを〝ライフライナー〟と呼ぶ風潮が生まれてしまう。

 

「私は総合力の人」発言

私、やっぱり総合力の人なんですよ全部集結してこそ初めてパワーが発揮される、そういう風に自分を解釈しているので、本当に出し惜しみすることなく、今の自分のパワーだったりとか、能力を全部出す気でいつもやっていますね。そしたら、各ジャンルが好きな方々にも喜んで頂けるんじゃないかと思ったり。あと、繋がってると思ってるんですよ、全部の仕事が。歌をうたっているときに声優の技術が生かされることがすごくあったり、それによって見せ方が変わったりもするので、そうやってどんどんパワーアップしている姿を見て頂けたらなって思ってます。なので、どれも絶対欠かせないですね」と、独自スタイルを力説。

以下略

 

私は声優です。アイドルです。役者です。アーティストです。発言

とツイッター上でファンにブチギレツイート

平野綾さんが様々な場所で活躍しても、
その応援する多くは「涼宮ハルヒ」時代から根強く応援する
「アニメオタク」が多く、どこにいってもいるその存在を
煙たく感じていたように思います。

そして流出したベッド写真がフライデーにスクープされてしまう

「国民的アイドル 平■綾!? ニャンニャン写真衝撃流出!!」というタイトルの記事が掲載され、
その記事の中で、平野綾さんと思われる女性が、ベッドらしき場所で男性と寄り添ったり、
キスしたりしている、3枚の写真が公表されてしまいました。

平野綾さんはベッド写真スキャンダルが世間に衝撃を与えた直後の2011年8月10日、
所属事務所スペースクラフト・エンタテインメントを退所。
理由については特にコメントしませんでしたが、平野綾さんはベッド写真スキャンダルが原因で
所属事務所をクビになったのでは?と言われています。

平野綾さんの現在…

ベッド写真スキャンダルの後、芸能界から干されたと噂されている平野綾さん。
現在は2018年に声優を引退し舞台を中心に活動しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)