コンドウノブログ

デザインの敗北といわれる佐藤オオキさんのローソンPBについて

ローソンが2020年5月からプライベートブランド(PB)商品の
パッケージデザインの全面リニューアルを開始し、
全商品およそ700商品を統一されたデザインに切り替えてゆく。

しかし、そのデザインを巡って消費者から「わかりにくい」など批判的な声が多く、
そのパッケージのわかりにくさから商品に対して旧パッケージデザインを
プリントした説明POPが貼られるという店舗まで出てくる事態にまでなり、
ネットでも炎上し「デザインの敗北」と物議を醸しだすこととなった。

リニューアルしたパッケージに、旧パッケージがプリントされた写真で説明↓

デザインしたのはデザイナーの佐藤オオキさん

デザインオフィス「nendo」を2002年に設立しキャリアをスタート。
デザイン界で最も権威ある賞ともいわれる「ELLE DECO International Design Awards」で
「Designer of the Year」を2012年に受賞するなど、世界的な注目を集めているとのこと。

佐藤オオキさんはミニマリストでもあり、
公開されていた部屋にも最小限のモノしか置かれていない。

インタビューでは「極力、変化を求めない」「できるだけフラットな人生を送りたい」と話し、
日常生活でも決まった行動パターンを好んでいるという。

 

そして、早速デザインが修正される

 

個人的な感想です

デザイン依頼された経験が無いのでおそらくですが、
PB商品はコストを抑えた価格帯になる商品ということ。
他社の商品売場よりも面積が多くなることからビビットなカラーを使ったりして
極端に目立ちすぎることのないよう考慮してデザインを依頼されているように思います。

僕がローソンで最初に佐藤オオキさんがリニューアルデザインした商品を目にしたとき、
まだ商品数も少なく、オレンジジュースとアップルジュースとお茶のその3つのパックの
飲み物だけでしたが、パッと見たときに感じたのはシンプルで可愛くておしゃれさもある
素敵なデザインだなと感じました。

単体または少数ではおしゃれに感じるデザインも、
どんどんリニューアルされていく商品数が増えていったときに、
全体のイメージは統一されていくが「メリハリが無い」から「味気ない」
印象に変わっていったように思います。

「物を選ぶ労力が無駄」と考える佐藤オオキさんですが、
僕らユーザーはコンビニに入るとき「物を選ぶワクワク感」を
持っているということも大切なポイントであるように思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)