解像度って何?DPIって?

デザイン制作をしているとよく耳にする解像度。
なんとなくわかっている気になっているけど意外とあやふやなままでしたので、
デザイナーとしてきちんと説明できるように備忘録としてまとめます。

 

画像や写真は点の集合体

画像や写真は実は小さなドット(点)が集まってできています。
印刷(DTP)における解像度とは、1インチ(2.54cm)角の中に
どれだけドット(ピクセル)があるかの密度を表すものです。

 

 

たとえば、10dpiなら横10ピクセル×縦10ピクセルで合計100ピクセルとなり、
350dpiなら横350ピクセル×縦350ピクセルで合計122,500ピクセルとなります。
そして解像度はdpi数が多いほどきめ細かく、綺麗な表現ができるようになります。

 

dpiとppiの違いは?

解像度を表す単位をdpi(dot per inch / ドット・パー・インチ)
もしくはppi(pixel per inch / ピクセル・パー・インチ)と呼びどちらも
画像解像度のことを表す同じ意味となります。

 

デザイン制作で必要な解像度は?

印刷物制作に必要な解像度
チラシやパンフレットなどを制作するときに写真を使用しますが
印刷する場合に適切な解像度は300dpi〜350dpiです。
解像度が低いとぼやけたり、ジャギー(ギザギザ)になってしまいます。

 

WEB制作に必要な解像度
ホームページ制作などを制作する場合に
必要な解像度は72dpiです。

 

低い解像度の画像を高くできる?

もともと低い解像度の画像をサイズを保ったまま高解像度を高くすることはできません。
正確に言うと機械的にあげることはできますが、上げても意味がありません。
よくあるのが、ホームページにある写真をつかってくれと言われ
印刷に使うことがありますが、WEB用に72dpiになってしまっている画像を
機械的に350dpiに上げてもすでに画質がわるいものにマス目を増やすだけになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)