コンドウノブログ

バイク免許教習記4 ついに初めて転倒

技能教習では指導員のうしろに付いて
外周、S字コース、クランク、一本橋、スラロームを走ります。
相変わらずギアチェンジは苦手なままですが
外周走行でスピードを出して風を感じて走る時は
少し楽しい気持ちになってきました。
しかし調子に乗ってきたころに

はじめての転倒!

走行に少しだけ慣れてきたこともあってか
S字のコースへ入ってから前を走る指導員がわざと
意地悪で超スロースピードで走行してきたので
後ろにいた自分はバランスが保てずに転倒してしまいました。

自転車だと足を出して転倒するのを防ごうとしますが
バイクは本当に重いのでバランスを崩したときに地面に足をついて
支えようとしても支えるのが難しいです。

ましてや右側にバランスを崩して倒れていくバイクを踏ん張って
戻そうとするのはよっぽど力がある人じゃないと無理だと感じました。

もっといえば、速度が出ている時に反射的に足が出たら
これは絶対足折れるなと思います。

教習所では頭にヘルメット、膝・肘・胴にはプロテクターなど
防具をしっかりと着けて教習を受けているので
よっぽど大きな怪我や事故にはならないと思いますが
やはりバイクは危険と呼ばれる乗り物だということを
改めて感じました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)